運用例

トラリピのニュースや他社比較

「無料トラリピ」に注意!MT4でトラリピEAを使う前に知っておきたいこと

マネースクエアは手数料が高いからと安易にトラリピEAというMT4向けプログラムに手を出してしまう人が少なくないようです。確かに無料でトラリピのような取引ができることもあるようですが、おいしい話だけではありません。
トラリピのリスク回避術

FXやトラリピを勉強するための書籍選びと、効果的に読むためのコツ

FXに関する本を読むのはいいのですが、ただ読み進めるだけでは何も変わりません。自分の運用に活かすための本選びと読み方についてまとめてみました。
トラリピのリスク回避術

トラリピの利回り水準について考えてみる。FXで儲ける年利や運用とは?

トラリピといえば、長期運用型FX。そのこと自体はよく耳にするけれど、実際どのくらいの年利が見込めるものなのでしょうか。実質年利について一般的なFXに対するイメージと比較しながら考えてみました。
トラリピ初心者のための基礎知識

マネースクエアのCFDとは? FXで差金決済取引を始めるためのハウツー

CFDは「差金決済取引」のことで、売買の差額分にあたる利益や損失を決済する取引方法を意味します。もっと具体的にいうと、FX同様、レバレッジを効かせた証拠金による取引のことです。 FX業者の中にはCFDを取り扱う企業も増えており、マネースクエアではトラリピを使ったCFDも可能です。 そこで、マネースク...
トラリピのニュースや他社比較

iサイクル注文とは? 新しい注文方法や新機能、運用している「外為オンライン」について調べてみました

トラリピの特許を侵害しているとして訴訟問題となった、自動売買注文ツール「iサイクル注文」について調べてみました。2016年にリリースされた新注文方式と2017年リリースされた新機能、さらに運用会社「外為オンライン」についても深掘りしていきます。 「iサイクル注文」は「トラリピ」とよく比較されることも...
トラリピのリスク回避術

トラリピの両建て設定、おすすめ通貨ペア、損切り戦略まで掲載【トラリピのまとめ】

トラリピとはどんなFXなのか? ギャンブルとは違う!トラリピは資産運用のためのFX「トラリピ」はマネースクエア・ジャパン(M2J)のFX「トラップ・リピート・イフダン」を略したもので、資産運用のためのFXと評価が高い自動売買システムです。①トラップ(trap)→罠を仕掛ける!②リピート(repeat...
トラリピのリスク回避術

トラリピユーザーのブログを参考に賢く取引!

細かい事例ごとの設定はトラリピユーザーのブログを参考にしてみよう!トラリピの取引に慣れるには、相場の急な変動時に、「どのような設定をするのが適切か?」「リスク管理はどこにポイントを置いて徹底すればよいのか?」ということを経験しながら、結局のところ、場数を踏んで学んでいくことも大切だと思っています。相...
トラリピ初心者のための基礎知識

運用に適した資金から損切りまで、トラリピの基本をマスター!

トラリピの運用にどのくらいの資金を投じるべきか?「トラリピの運用で利益を出しているのはお金持ちが多い」なんて噂も聞きます。でも、実際はごく普通の会社員や主婦の投資家がほとんど。みなさん資産運用のためにトラリピを選んでいるようです。トラリピは1000通貨から運用することができるので、レバレッジ3倍で考...
トラリピのリスク回避術

トラリピは運用と設定の仕方で損得が分かれる!! トラリピの危険要因を減らすための実践テクニック

新規で注文を出す前に要チェック!! 「トラリピ」で危険性が高まる場合とは?トラリピはFXの一種ですから、常に「危険性」をはらんでいることは承知のうえで、取り引きを行う姿勢が必要です。ただし、危険性が現実的になる場合は、トラリピの運用と設定の方法に問題があるケースがほとんどです。なかでも顕著な例が、設...
トラリピのリスク回避術

相場に合わせたリスク管理! トラリピは注文のキャンセル(解除)や変更ができる!!

相場の状況を見て、トラリピの設定をキャンセル、変更が可能!トラリピで新規注文を出す際、通貨ペア、トラリピを仕掛けるレンジ幅や本数、レバレッジ……などが、資金に対して適切か、強制ロスカットはどのくらいのラインなのか、あらかじめシミュレーションを行ってから発注するというのは何度もお伝えしてきたことです。...
勝つためのトラリピ運用術

上手な節税対策も紹介!! トラリピで確定申告をする際に注意すべきポイント! 

FXで確定申告が必要な場合とは?トラリピの運用以外でも、FXの取引を通して1年間で、ある一定の金額以上の利益を得た場合は、確定申告をしなければなりません。これは専業主婦で配偶者控除を受けている人でも、課税に相当する収益があれば、「雑所得の扱い」として確定申告の対象になります。会社員でも課税に該当する...
トラリピのリスク回避術

勝てないFXにサヨナラ!トラリピで失敗・大損しないための鉄則【負け組から勝ち組への転身術】

トラリピで大損する人たちの共通点とは?「過去にFXをやっていたけど、結局、負けてばかりでやめちゃった」と言う人、多いんですよね。負けが多い人は、必ず負ける理由があるはず。何で負けてしまったのか、その都度、客観的に分析しているでしょうか?FXで負ける人たちのトレード法は、「裁量トレード」「スキャルピン...
トラリピのリスク回避術

ほったらかしでも運用試算表で要チェック! トラリピの賢い運用法

運用試算表を使いこなしてからトラリピ機能にお任せ!トラリピをはじめとした「自動売買」は、24時間相場に張り付く必要がない点でも人気があります。注文方法もシンプルなものが多いため、初心者でも手軽にトレードができます。しかし、自動売買と言えども自己責任は伴います。リスク管理だけは機械に任せっぱなしという...
トラリピのリスク回避術

FXで両建てはリスクヘッジに有効な方法か? トラリピで両建ての取引を行う場合の注意点

為替相場が上昇トレンドにない時はトラリピでも両建ては有効!?イフダン(IFD)注文は○円で買って○円になったら売るという手法で、トラリピをはじめとした「リピートイフダン」はこうした注文を繰り返し行うトレードです。いうまでもないことですが、FXで収益を上げるためには、「安く買って高く売る」が基本です。...
勝つためのトラリピ運用術

米ドル/円の取引はお手軽!? 米ドルでのトラリピ攻略法!

米ドル/円の取引はお手軽!? 米ドルの強みと弱みを把握しよう!FXを始める時に「米ドル/円」の通貨ペアを選んで取引をスタートする人は多いでしょう。トラリピでも一番人気の通貨ペアが「米ドル/円」で2015年春の調査では全体の37.2%を占めます。トラリピ人気通貨ランキング最新版(2015年春) 為替王
トラリピ初心者のための基礎知識

FXのトラリピをとことん知り尽くす! コツコツと収益を上げるやり方・トラリピ運用術の基本

はギャンブルじゃない!! 投資目的の運用に着目した「トラリピ」で低金利時代を乗り越える!「FX」(外国為替証拠金取引)は一定の証拠金をFX業者に預け、外貨を売買した際の為替差損益を得る金融商品です。日本にFXが誕生したのは、外為法の規制が改正された1998年4月。「FX」という言葉を世に送り出したの...
トラリピのリスク回避術

トラリピで儲けるための基本戦略【通貨ペア・レンジ幅・上抜け・ロスカット】

トラリピを仕掛ける時の通貨ペアの戦略ポイントトラリピの戦略を立てる上で基本となるのが、「どの通貨ペアにするといいか?」「トラップの値幅をどのように設定するか?」です。まず、最初にトラリピに適した「通貨ペア」についてどのように決めたらいいか考えてみます。 トラリピはレンジ相場で威力を発揮する性質がある...
勝つためのトラリピ運用術

FX初心者でも使いやすくて、利益が得られるリピート系の注文! トラリピの手数料は本当に高いといえるのか?

外貨預金と比べて手数料がお得なFX!  手数料無料のFX業者増加!!FXの魅力といえば、「外貨預金に比べて手数料が安いこと」もあるでしょう。手数料は各銀行によって違うものの、大手都市銀行の外貨預金をした場合、米ドルだとたいてい約1%の手数料が発生します。こうした手数料は外貨預金を換金する度にかかって...
トラリピのリスク回避術

資産の損失を防ぐためにリスク管理を徹底的にしよう!! トラリピで損切りは本当にお得か?

維持率をチェック!! 知っておきたいトラリピのロスカットルール!FX業者は損出を避けるために、マージンコール(追証)とロスカット(強制決済)を行うシステムを導入しています。ここではロスカットについて詳しくふれていきましょう。「ロスカット」は現金の残高が必要証拠金の一定額を割り込んだ場合に、それ以上の...
トラリピ初心者のための基礎知識

トラリピの設定基準はローリスク・ローリターンが基本か

トラリピで堅実に収益を積み重ねるには、運営を行っているマネースクエア(M2J)も推奨しているように「ローリスク・ローリターン」が基本です。このスタンスが大きく崩れていくとギャンブル的な要素が強くなり、あっという間に資金をすべて失う可能性も……。トラリピがスキャリピング向きでないことを理解したうえで、...
トラリピのニュースや他社比較

2種類のループイフダンを比較! 資産運用に適しているのはiサイクル注文よりトラリピ!?

トラリピとiサイクル注文の違いはどこにあるの?「トラリピ」は発注時に○○円で買ったら(売ったら)○○円で売る(買う)という設定をする、新規と決済がセットになった「イフダン注文」を繰り返すものです。この注文方法は「ループイフダン系」とも呼ばれますが、運営会社のマネースクエア(M2J)が開発した「トラリ...