ロスカット

トラリピのリスク回避術

トラリピの利回り水準について考えてみる。FXで儲ける年利や運用とは?

トラリピといえば、長期運用型FX。そのこと自体はよく耳にするけれど、実際どのくらいの年利が見込めるものなのでしょうか。実質年利について一般的なFXに対するイメージと比較しながら考えてみました。
トラリピのリスク回避術

リピートイフダンはナンピン買いと同じなのか

値下がりの都度含み損を持ちながら買い続け、上昇時に利益を得る、それが「ナンピン」トレードです。マネースクエアのトラリピは結局のところそれと同じなんじゃないかと言われることが多いのですが、「トラリピ」と「ナンピン」は似て非なるもの。その違いをまとめてみました。
トラリピのリスク回避術

トラップトレードとは?ゼロから始める自動ツールを使用した副業FX

ここ数年、お小遣い稼ぎにFXを始めるサラリーマンが増えています。FXは株より手頃な資金で取引できるうえ、自動売買ツールを使えば24時間相場に張り付く必要もありません。とはいっても、自動売買ツールはFX会社によって使い勝手が異なり、勝率にも影響が…。さまざまな自動売買ツールが出回っている中、連続発注機...
トラリピのリスク回避術

「リピートイフダンの手数料」をテーマに、トラリピユーザーによくある疑問を検証してみる

FX初心者が抱くのが「スプレッドと手数料ってどう違う?」という疑問。そこで「リピートイフダンと手数料」というテーマに絞って、スプレッドとの違い以外にもよくありがちな疑問点について解説してみました。
勝つためのトラリピ運用術

リピートイフダンにおいては賛否両論?ストップロスや両建てのリスクとメリット

トラリピ開始前に一度は迷う、「ストップロス」の有無。そして、慣れてきたころに迷う「両建て」手法。自動ツールによるFX取引において、ユーザーの間で賛否両論ある2手法(設定方法)について少し掘り下げてみました。トラリピのリスク対策にストップロス(損切り)は有効か否かこれからFXを始めようと考えている、ま...
トラリピ初心者のための基礎知識

マネースクエアのCFDとは? FXで差金決済取引を始めるためのハウツー

CFDは「差金決済取引」のことで、売買の差額分にあたる利益や損失を決済する取引方法を意味します。もっと具体的にいうと、FX同様、レバレッジを効かせた証拠金による取引のことです。 FX業者の中にはCFDを取り扱う企業も増えており、マネースクエアではトラリピを使ったCFDも可能です。 そこで、マネースク...
トラリピのニュースや他社比較

iサイクル注文とは? 新しい注文方法や新機能、運用している「外為オンライン」について調べてみました

トラリピの特許を侵害しているとして訴訟問題となった、自動売買注文ツール「iサイクル注文」について調べてみました。2016年にリリースされた新注文方式と2017年リリースされた新機能、さらに運用会社「外為オンライン」についても深掘りしていきます。 「iサイクル注文」は「トラリピ」とよく比較されることも...
トラリピのリスク回避術

トラリピの両建て設定、おすすめ通貨ペア、損切り戦略まで掲載【トラリピのまとめ】

トラリピとはどんなFXなのか? ギャンブルとは違う!トラリピは資産運用のためのFX「トラリピ」はマネースクエア・ジャパン(M2J)のFX「トラップ・リピート・イフダン」を略したもので、資産運用のためのFXと評価が高い自動売買システムです。①トラップ(trap)→罠を仕掛ける!②リピート(repeat...
トラリピのリスク回避術

トラリピユーザーのブログを参考に賢く取引!

細かい事例ごとの設定はトラリピユーザーのブログを参考にしてみよう!トラリピの取引に慣れるには、相場の急な変動時に、「どのような設定をするのが適切か?」「リスク管理はどこにポイントを置いて徹底すればよいのか?」ということを経験しながら、結局のところ、場数を踏んで学んでいくことも大切だと思っています。相...
トラリピのリスク回避術

知っておきたい暴落時のトラリピ対策

トラリピで想定外の暴落が起きた場合、取引上、優先すべきことは?2016年は年明けから株も為替も暴落。波乱含みの1年になるといった予測も出ていましたが、いつどのタイミングで暴落が起きるのか相場を予測することは非常に困難なことです。暴落の怖いところは下落のスピードが上昇する場合より速いこと。暴落を知った...
トラリピのリスク回避術

注文からリスク管理までパパッと適切に算出する! トラリピの運用で知っておきたい計算方法

常にリスクを算出しておきたい!? 資産運用のために誕生したトラリピ!FXの自動売買システムのなかでも、マネースクエア(以後M2Jで表記)の「トラリピ」は数々の特許を取得し、個人の投資家が無理なく利益を積み上げられる手法を開発しています。こうしたバックグラウンドが高く評価され、最初に顧客の8割以上が「...
トラリピのリスク回避術

トラリピは運用と設定の仕方で損得が分かれる!! トラリピの危険要因を減らすための実践テクニック

新規で注文を出す前に要チェック!! 「トラリピ」で危険性が高まる場合とは?トラリピはFXの一種ですから、常に「危険性」をはらんでいることは承知のうえで、取り引きを行う姿勢が必要です。ただし、危険性が現実的になる場合は、トラリピの運用と設定の方法に問題があるケースがほとんどです。なかでも顕著な例が、設...
トラリピのニュースや他社比較

トラリピ型の自動発注を海外FXでも運用できる!? FXの海外口座は危険がいっぱい!!

FXの口座を複数所有している投資家が増えている!?FXは少ない資金で24時間取引ができるうえ、円高でも円安でも利益が出せる点が大きな魅力です。2008年のサブプライムショック以降、世界経済が低迷し、国内外の株式にもダメージを与えた時点で、FXが急速に伸びてきました。昨今はアベノミクスで国内の株が上昇...
トラリピのリスク回避術

トラリピで損切り(ロスカット)しない戦略を徹底追及!ポジション設定はどうする?

FX業者は損出を避けるために、「マージンコール(追証)」と「ロスカット(強制決済)」を行うシステムを導入しています。 トラリピにおいては基本「損切りしない戦略」となりますが、このページではFXにおいて「損切りを行うこと」と、トラリピでFX運用するにあたり「損切りしない運用戦略」について解説していきま...
トラリピのリスク回避術

勝てないFXにサヨナラ!トラリピで失敗・大損しないための鉄則【負け組から勝ち組への転身術】

トラリピで大損する人たちの共通点とは?「過去にFXをやっていたけど、結局、負けてばかりでやめちゃった」と言う人、多いんですよね。負けが多い人は、必ず負ける理由があるはず。何で負けてしまったのか、その都度、客観的に分析しているでしょうか?FXで負ける人たちのトレード法は、「裁量トレード」「スキャルピン...
トラリピのリスク回避術

円高をどう乗り越える? トラリピでポジションが増えた時の円高対策

トラリピは円高に本当に弱いの? 円高傾向になった時の心がまえ「トラリピは円安に強く、円高に弱い」と言われます。取引の基本が「安く買って、高く売る」ですから、この流れが逆転すると、確かに含み損を抱えるようになります。レートが下落し続けると、精神的にも辛くなり。「スワップでしか稼げない」と嘆く人たちも…...
トラリピのリスク回避術

仕掛ける本数、値幅、証拠金など、リスクの度合いをシミュレーション! エクセルでトラリピの取引状況を確認

リスク管理を制する者がトラリピを制する!!FXで儲かっている人は、トレーダーのごく一部と言われています。下記の調査データをご覧ください。実に70%近いトレーダーがFXで損をしています。この数字を見れば「FXは儲からない」と言われても仕方がないかもしれません。 しかし、こうしたデータがある一方で、トラ...
トラリピのリスク回避術

ほったらかしでも運用試算表で要チェック! トラリピの賢い運用法

運用試算表を使いこなしてからトラリピ機能にお任せ!トラリピをはじめとした「自動売買」は、24時間相場に張り付く必要がない点でも人気があります。注文方法もシンプルなものが多いため、初心者でも手軽にトレードができます。しかし、自動売買と言えども自己責任は伴います。リスク管理だけは機械に任せっぱなしという...
トラリピ初心者のための基礎知識

FXのトラリピをとことん知り尽くす! コツコツと収益を上げるやり方・トラリピ運用術の基本

はギャンブルじゃない!! 投資目的の運用に着目した「トラリピ」で低金利時代を乗り越える!「FX」(外国為替証拠金取引)は一定の証拠金をFX業者に預け、外貨を売買した際の為替差損益を得る金融商品です。日本にFXが誕生したのは、外為法の規制が改正された1998年4月。「FX」という言葉を世に送り出したの...
トラリピのリスク回避術

トラリピで儲けるための基本戦略【通貨ペア・レンジ幅・上抜け・ロスカット】

トラリピを仕掛ける時の通貨ペアの戦略ポイントトラリピの戦略を立てる上で基本となるのが、「どの通貨ペアにするといいか?」「トラップの値幅をどのように設定するか?」です。まず、最初にトラリピに適した「通貨ペア」についてどのように決めたらいいか考えてみます。 トラリピはレンジ相場で威力を発揮する性質がある...
トラリピのリスク回避術

資産の損失を防ぐためにリスク管理を徹底的にしよう!! トラリピで損切りは本当にお得か?

維持率をチェック!! 知っておきたいトラリピのロスカットルール!FX業者は損出を避けるために、マージンコール(追証)とロスカット(強制決済)を行うシステムを導入しています。ここではロスカットについて詳しくふれていきましょう。「ロスカット」は現金の残高が必要証拠金の一定額を割り込んだ場合に、それ以上の...