FXツール・トラリピ応援ブログメディア

FXやトラリピを勉強するための書籍選びと、効果的に読むためのコツ

スポンサーリンク

FXに関する本を読むのはいいのですが、ただ読み進めるだけでは何も変わりません。自分の運用に活かすための本選びと読み方についてまとめてみました。

FXの書籍選びのポイント

①本を読む目的を明確にすること

書店には数多くのFXの本が並んでいます。棚いっぱいの指南書、参考書を前にどれにするか迷ってしまうほどでしょう。

これから新たにFXをはじめようという人がFX入門書を読むことは、大切なポイントを短時間で習得するためには効率的な方法だと思います。

また、FXの基本について熟知している人にも、読む目的をはっきりさせた上で本を選べば、より効率的に知識を増やすことができるはずです。

つまり重要なのは、「本を読む目的をはっきりさせる」ことです。

知りたいのは基礎的な知識なのか、それとも具体的な手法について学びたいのか。あるいは自分に合ったスタイル選びの参考にしたいのか、リスク管理について徹底的に勉強したいのか、何のために読むのか明確にすることが大切です。

また、長期運用をしたいのか短期運用したいのか、基本的なスタンスでも選ぶべき書籍は全く違います。初心者向け、中級者向け、上級者向け、達人向け、といった切り口で目的を考えてもよいかもしれません。

②負けないための情報もしっかり書いてあること

「これで絶対勝てる!」といった勝つための手法が書いてある本など、読んでいるときは心が躍り、始める前からもう大儲けした気分になれることでしょう。

ただしFXの運用では、勝つことで資産を増やすことも大切ですが、それ以上に負けないことで資産を減らさないことが大切です。

誰でもやってしまいそうな失敗をリスクと共に解説してくれている本、負けないためのリスク管理の情報もしっかり書かれている本がおすすめです。

③初心者なら本のつくりも重要

FX初心者ならば、入門書として次の3つのポイントを重視した本を選ぶのがよいかと思います。

・基礎的、基本的な内容が網羅されていること

 運用に慣れてきた時でもパソコンの横に辞書のような存在になります。

・初心者でもわかりやすい文章で書かれていること

 読むことを苦痛に感じない、スムーズに読みすすめられることが大切です

 薄めの本を選ぶのも良いかもしれません。

・絵や図解などが適度に入っていること

 ビジュアルでイメージしやすいと理解も深まるはずです。

効率的に参考書を読む!FXの学び方

①「これだ!」と決めた本を徹底的に読み込む

あれもこれもと手を出し、気づいたら何十冊もの本の山・・・、となるのはよくないパターンです。

何冊か読んでみてその中から「これだ」という本を見つけ、教科書として徹底的に読み込んでください。

1冊では知識をとりこぼしたり、知識が偏ったりする危険もあるので最終的に2冊程度に絞るのが良いと思います。

②検証しながら読み進め、深く理解する

目的に合った本を何冊も選んで読んでみた、でもその通りやっても全く利益が上がらない、というような話をよく聞きます。

本によっては具体的なトレード手法、設定方法までこと細かく書いてあるものもあるので、その通りにしたら当然うまくいくだろうと思うのもわかります。ただ、そっくりそのまま真似をして成功し続けるのは無理というもの。相場は常に動いているので、マニュアル通りに全てが進むわけではありません。

本に書かれている手法はあくまでも一例です。「参考」にはできますが、どう取り入れるかは自分で考える必要があります。

まず、相場に対する著者の考え方と自分の考え方を比較してみることは大切です。前提となるスタンスや考え方が違うのにトレード手法だけそっくりそのまま真似てもうまくいくはずはありません。

最も重要なのが、本を読み知識を得ながら、実際の相場を見て検証してみることです。情報を自分の知識にすることができ、相場の本質が理解しやすくなります。

「なぜそのようになるのか」という本質を理解できれば、実践の場で知識を臨機応援に活用できるようになります。

お勧めしたい参考書

入門書としても辞書としても長く使える1冊

『一番売れている投資の雑誌ザイが作った「FX」入門』

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

新品価格
¥1,728から
(2017/8/22 12:27時点)

 

FXの大人気ブロガー「羊飼い」とマネー雑誌「ザイ」がコラボしてできた入門書。この本の一番の魅力は、はじめて読んだ人でも内容をすぐ理解できるようにと、シンプルでわかりやすいつくりになっているところです。

FXの概要からリスク、テクニカル分析の基本、イフダンなどの注文方法まで網羅されていて挿絵も多く、まさに入門書としてぴったりの本です。

さらに、他の本を読んでわからないことが出てきたときに読み返すのにも使えます。パソコンの横に辞書代わりに置いておきたい1冊です。

リスク管理の重要性を実感できる1冊

『伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術』

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

新品価格
¥1,836から
(2017/8/22 12:30時点)

カリスマトレーダーが作ったトレーダー養成塾、「タートルズ」で伝授された投資手法がまとめられた一冊です。大きな利益を稼ぐ投資家の多くがこのタートル流の手法の影響を受けていると言われています。

ほとんどのメンバーが未経験だったにも関わらず、たった2週間の研修を受けた後に次々と巨額の利益を上げていったという、研修プログラムの全貌が描かれています。

また、「重要なことはリスク管理である」ということをしっかりと実感できる内容です。

チャートの読み方を教えてくれる1冊

『チャートがしっかり読めるようになるFX入門』

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

新品価格
¥1,404から
(2017/8/22 12:29時点)

FXをはじめるのに避けては通れないのがチャートを読むこと。この本はチャートの読み解き方に重点を置き、図やイラストを豊富に使ってわかりやすく説明してあります。売り買いのタイミング、損失を最低限に抑える方法など、相場のサインを見つけるヒントが満載。 読みっぱなしで終わらないようにと練習問題がついていて、あやふやな点をきっちり確認できるところも魅力です。 チャートを読むのが苦手な方や不安な方、必読の一冊です。

トラリピユーザーのための1冊

『実践FXトラリピの教科書』

実践FXトラリピの教科書

新品価格
¥1,404から
(2017/8/22 12:16時点)

トラリピの基本的な仕組みから実践方法まで広く網羅されていて、まさにトラリピの「教科書」です。

決済トレールや高金利通貨の取り組みなども紹介されているので、すでにトラリピユーザーの人にも役立つ内容です。

トラリピに特化しているだけあって、かゆいところに手が届くと思わせる一冊。他のFX本とは違い、まさにトラリピの実践方法が学べる本です。

FXで資産運用するなら学ぶ姿勢は必要不可欠

運が良ければFXで勝つことも可能ですが、それだけで安定して勝ち続けることはほぼ無理でしょう。勝つためには勝つための手法を知っておく必要がありますし、FXでは「大きく勝つ」ことより「負けない」運用の方がずっと大切なことでもあります。

初心者にとって、実践の場を踏む前に本などで知識を得ることは必須と言ってもよいでしょう。入門書を読んでいるのといないのとでは、結果は大きく違ってくるはずです。

初心者でなくとも、目的を明確にした上で本を選べば、自分に合ったトレード手法が見出せたり具体的な手法を学べたりと、本から濃厚な情報を得られる可能性が高いと言えます。

実経験を積むことも大切ですが、並行して参考書等で継続して学ぶ姿勢は必要不可欠です。

実際の相場で本に書かれた内容を検証してみてください。なぜそうなるのかを理解して初めて知識を生かすことができるのです。

 

FXに関する本はたくさんあり、どれを読んだらよいのか、自分に合った本はどれなのか迷っている方も多いと思います。目的によって合う本はそれぞれ違います。

今回の内容を読んで、是非本選びの参考にしてみてください。