FXツール・トラリピ応援ブログメディア

10月16日(月)~20日(金)重要経済指標発表予定

ユーロ・消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)

発表日時

2017/10/17 18:00

重要度

★★

予想値

1.5%

前回値

1.5%

・欧州連合統計局がまとめたユーロ加盟国の消費物価指数の改定値

 

独・ZEW景況感調査(期待指数)

発表日時

10/17 18:00

重要度

★★

予想値

19.5

前回値

17.0

・ドイツの民間調査会社ZEW(欧州経済研究センター)が発表する景気先行指数。

今後半年の景気見通しに対する調査で指数が50を超えると景気拡大を表す。毎月1回発表。

 

米国・鉱工業生産 (前月比)

発表日時

10/17 22:15

重要度

★★

予想値

0.2%

前回値

-0.9%

・米連邦準備制度理事会 (FRB) が発表する鉱工業部門の生産動向を指数化したもの。毎月発表されることから景気実態を把握する速報性が高い。

 

米・建築許可件数 / 住宅着工件数

発表日時

10/18 21:30

重要度

★★

予想値

123.0万件 / 118.0万件

前回値

130.0万件 / 118.0万件

・米国の建築許可件数、住宅着工件数が同時に発表される。建設開始前に許可申請が行われるので、先行指標とされている。

 

中・四半期GDP(前年同期比)

発表日時

10/19 11:00

重要度

★★

予想値

6.8%

前回値

6.9%

・中国国家統計局が発表する、四半期ごとの中国のGDP

 

米国・フィラデルフィア連銀製造業景気指数

発表日時

10/19 21:30

重要度

★★

予想値

20.5

前回値

23.8

・フィラデルフィア地区(ペンシルバニア州、ニュージャージー州、デラウエア州)の製造業の景況感、経済活動を示す経済指標

 

米・新規失業保険申請件数(前週分)

発表日時

10/19 21:30

重要度

★★

予想値

24.0万件

前回値

24.3万件

・毎週発表される前週分の米国の新規失業保険申請件数

 

米・中古住宅販売件数

発表日時

10/20 23:00

重要度

★★

予想値

530.0万件 

前回値

535.0万件

・米国個人消費を占う中古住宅販売件数

 

先週の動きと今週の市場動向

先週(10月9日~10月13日)の主な為替の動きは以下の通りです。

 

始値

高値

安値

終値

米ドル/円

111.815

111.977

111.813

111.878

ユーロ/円

132.051

132.255

132.049

132.211

ユーロ/ドル

1.18062

1.18184

1.18056

1.18174

豪ドル/円

88.156

88.280

88.144

88.217

ポンド/円

148.641

148.803

148.553

148.786

NZドル/円

80.224

80.345

80.157

80.320

カナダドル/円

89.600

89.704

89.596

89.683

スイス/円

114.682

114.822

114.682

114.786

香港ドル/円

14.313

14.330

14.313

14.319

ポンド/米ドル

1.32902

1.32972

1.32731

1.32962

米ドル/スイス

1.32902

1.32972

1.32731

1.32962

南アランド/円

8.502

8.627

8.450

8.502

豪ドル/米ドル

0.78817

0.78890

0.78760

0.78809

NZドル/米ドル

0.71734

0.71798

0.71646

0.71775

ユーロ/豪ドル

1.49750

1.49933

1.49732

1.49912

トルコリラ/円

30.550

30.802

30.538

30.731

人民元/円

17.002

17.040

17.002

17.034

ノルウェー/円

14.126

14.188

14.125

14.185

スウェーデン/円

13.710

13.785

13.710

13.782

メキシコペソ/円

5.885

5.915

5.883

5.914

 

先週の終値で最も上げたのが「豪ドル/米ドル」。逆に下げ幅が一番大きくなったのが -0.181 で「トルコリラ/円」です。

高値と安値の幅が最も大きかったのは「トルコリラ/円」で、差分 0.264 でした。

 

今週の為替の動向として、それぞれの予想レンジは以下の通りです。

 

【ドル/円】110.88-114.17

【ユーロ/円】130.67-134.33

【豪ドル/円】—

【ポンド/円】—

 

今週、最も影響力がありそうな指標は「米・建築許可件数 / 住宅着工件数」です。

同時に発表されるこの2つの指標の内、「建築許可件数」は建築開始前に許可申請が行われるので、先行指標として注目されます。

「住宅着工件数」も景気動向に敏感な指標で、住宅投資が活発になると、周辺の個人投資も活発になるなど波及効果が期待できるため、景気向上と判断されることになります。