FXツール・トラリピ応援ブログメディア

SBI FXってどうなの?本家トラリピvs手動トラリピ

スポンサーリンク

FXに慣れたりトラリピに詳しくなってきた頃に興味がわいてくるらしい「手動トラリピ」という手段。

改めてその違いについて考えてみました。

自分は手動トラリピ向きなのか本家トラリピ向きなのか考えてみてください。

手動トラリピとは

入力したイフダン注文を手作業で繰り返す

一度設定してしまえば、後は自動売買を繰り返してくれるのが「本家トラリピ」。放ったらかしにしていても利益をこつこつと積み上げてくれます。巷には、この「本家トラリピ」を模倣したかのようなトラリピ類似システムも存在していますが、「手動トラリピ」とはそれともまた別物です。

一つ一つのイフダン注文を手作業で入力し、決済がされるとまた手動で注文を入れる。これを繰り返すと手動のトラリピ風売買が可能となります。

裁量トレードのFX会社を利用している人にとっても、この「手動トラリピ」を実践すれば、自力でトラリピ風トレードをすることも可能は可能ということになります。

基本的に業者選びは自由

「手動トラリピ」でトレードをする場合、基本的にどこの会社でも問題ありません。

FX運用の経験が長く裁量トレード中心の人、今運用しているFX会社を変えるのが面倒だという人にとって、会社を変えずにお試しできるならば「手動トラリピ」に挑戦してみようと思う人も多いようです。

「本家トラリピ」を運用する際はもちろんですが「手動トラリピ」を運用しようと考えるときにも、「トラリピ運用試算表」の活用、チェックは重要です。マネースクエアジャパンの口座を開設しなければ「トラリピ運用試算表」は利用できないので、口座開設だけでも是非行っておくことをおすすめします。

 

どうなの?手動トラリピ派に人気な『SBI FX トレード』

SBI FXとは?

裁量トレードを中心とするトレーダーから大人気のSBI FX。名前からもわかるように大手SBIグループのFX専門会社というだけあって、大手ならではの安定感、安心感があります。

業界最狭水準のスプレッドでありながらもシステム環境が安定している点、マーケットレポートが充実している点なども人気の理由のようです。

これもまたイフダン注文?『IFDOCO』注文

自力でトラリピ風トレードをする「手動トラリピ」は、イフダン注文を一つ一つ手作業で入力し、決済されるとまた注文を入れて、を繰り返すことになります。

SBI FXの場合『IFD注文』という注文方法がこれに当たり、新規注文と決済注文を同時に注文する方法です。指定したレートになったら注文し、指定したレートになったら決済してくれます。

SBI FXでは他に『OCO注文』というものがあり、1度に2つの注文を出すことが可能で、どちらか一方が約定した場合もう1つの注文は自動的にキャンセルされるというものです。

注目すべきは、『IFD注文』と『OCO注文』をミックスした『IFDOCO』注文。これは1つの新規注文に対し、2つの決済価格を注文することが可能です。指定したレートになったら注文し、ポジションを持った後、レートが上がったときと下がったとき両方の決済レートを指定しておくことができるので、大きな損失が出る前に決済して損失確定することもできます。

手動トラリピ派に選ばれる理由

SBI FXが「手動トラリピ」派に人気の理由は?と言うと、大きく3つのポイントが挙げられます。

1つ目は、何といっても「1通貨から取引ができる」こと。

FXの基本取引は1万通貨ですが、実際には10分の1の1,000通貨を扱うFX会社は数多くあります。SBI FXは、なんと1通貨(1ドル)から、証拠金が最小5円程度から取引ができるという点はたしかにインパクトがあります。FXを始めるか迷っている人にとっても、手軽に始められる小口取引は大きな魅力かもしれません。

2つ目は、「通貨ペアが多い」こと。

現在26通貨ペアの取り扱いがあり、対日本円以外のクロス通貨の取引が豊富な点も人気の理由です。

3つ目は、「圧倒的な低コスト」であること。

取引手数料が無料な上スプレッドが狭く、スワップポイントが高いとあって、とにかくコストにこだわる人にとっては魅力です。

 

トラリピとの決定的な違い…どちらを取る?

決定的な違い!SBIは自動売買ツールじゃない

「手動トラリピ」派に人気のSBI FX。トレーダーにとってメリットが多い会社であることはたしかなのですが、「本家トラリピ」との決定的な違いは「手動」でのトレードであることです。

『IFDOCO』注文を使えばトラリピ風トレードができるのはたしかですが、あくまでも1回の注文で1回のみ有効なのであって、同じ注文を繰り返してくれるわけではありません。

「手動トラリピ」をするには、『IFDOCO』を使って注文し、決済されたらまた注文をする、を自力で繰り返し続けるしかないのです。

「トラリピ」との違いは、放ったらかしにできないこと。それどころか、1回1回注文する手間とそれに費やす時間、これは相当なものです。

最終的に自動売買ツールを選ぶ人の理由は

手数料がなく、スプレッドが狭い、小口取引が可能なSBI FXは、たしかに魅力的な点が多く、そこに魅かれて「手動トラリピ」で取引をしている人も多くいるようです。

一方で、「手動」取引を繰り返すことのデメリットも計り知れないものがあるのも事実です。

毎日の生活を送りつつ「手動」で1回1回注文を入れるとなると、手間と時間がかかるのはもちろんのこと、入力ミスや注文忘れが必ずといって発生します。

寝ている間や、他の仕事で忙しい時間帯には注文を入れることはできないので、得られたはずの利益が得られなかったというような事態も避けては通れないでしょう。

常に頭の片隅で「手動トラリピ」のことを考え、注文に費やす時間を作り出さなくてはいけないわけです。

結局のところ、さまざまな煩わしさや手間から解放されたい人が24時間自動売買をしてくれるツールを選んでいるということになりますし、「本家トラリピ」は多少コストがかかってもそれに見合った自動売買ツールだということになるのでしょう。

 

 

「手動トラリピ」がよいのか、「本家トラリピ」がよいのか。

手動トレードをするのか、自動売買トレードがやりたいのか。

最終的にどちらを選ぶかは、自分の性格、やりたいトレードに合わせて選ぶのが一番だと思います。