FXツール・トラリピ応援ブログメディア

マネースクウェアジャパンでもっとお得にFX!キャンペーンや各種ポイントについて

スポンサーリンク

「これからトラリピでFXを運用したい!」でも、どうせ始めるなら、より特典の多い運用方法について知っておくのが得策です。楽天やポイント会社の特典もつく新規口座開設方法は?取引するだけで得られるM2Jポイントとは?その他マネースクウェア・ジャパンが実施しているキャンペーンについてチェックしてみることをおすすめします。

トラリピ運用で貯まって使えるM2Jポイント

M2Jポイントとは?

マネースクエアジャパンの口座を持っている人だけが受けられるポイントサービス、それがM2Jポイントです。日々の取引でポイントが付与されるのはもちろん、お得なキャンペーンやセミナー参加などによってもポイントが貯まります。貯まったポイントはApple製品をはじめ、近江牛や魚沼産こしひかりといった高級食材、買い物券、一流レストランの食事券など、幅広い商品の中から好みの品と交換できます。FX会社でこのようなポイントサービスを実施しているところはまれなので、魅力的なサービスの一つと言えます。

ポイントが貯まる仕組み

うれしいことに、日々の取引の中でM2Jポイントは貯まっていきます。トラリピ運用時には新規、決済約定時にそれぞれ取引手数料がかかりますが、その手数料に対して各ステータスごとに設定されている還元率を掛け合わせたものがポイントとして付与される仕組みです。

たとえば、誰でも狙えそうな「ブロンズ」ステータスの場合、還元率は3%となっています。トラリピで1万通貨を新規約定した場合、新規売買手数料は300円なので、その3%である9ポイントが付与されます。さらに決済時に発生する売買手数料300円に対しても、その3%に当たる9ポイントが付与されるので、合計18ポイントを獲得することになります。

サービスステータスは5段階で、一つ上の「シルバー」は4%、「ゴールド」は5%、「ダイアモンド」は10%、最高ランクの「スリーミリオン」は15%の還元率が設定されています。

取引通貨数でポイント試算してみよう

一例として、5,000ポイントを貯めるにはどのような運用が必要となるか試算してみます。

先に述べたように「ブロンズ」ステータスの場合、1万通貨の取引をすると新規・決済売買手数料に対するポイントが合わせて18ポイント付与されます。5,000ポイントを18ポイントで割ると、277.8万となり、277.7万通貨の取引(138.88万を新規取引+決済)が必要だということがわかります。

仮に277.7万通貨を1年間で取引する目標に設定すると、1ケ月で23万通貨(11.5万を新規取引+決済)、1ケ月26営業日として1日に換算すると、1日9,000通貨分(4,500を新規取引+決済)の取引をこつこつと積み上げていく必要がある、ということになります。

気をつけておきたいルール

M2Jポイントの有効期限は獲得した年の翌年末となっているため、せっかく貯めたポイントが失効しないようこの点には注意が必要です。

また、口座内残高が0円になってしまうと獲得ポイント、現在のステータス共に全て失効してしまいます。逆に1円でも残っていれば問題ないため、なんらかの理由で出金が必要な場合には気をつけたいところです。

ポイントを増やすテクニック

サービスステータスを上げる

M2Jのポイントサービスは、取引内容によって5段階の「サービスステータス」を設定しています。このステータスは、口座残高をベースに取引量またはポジション残高によって決まります。

手軽に狙えそうな「ブロンズ」から、「シルバー」、「ゴールド」、「ダイアモンド」、「スリーミリオン」となっていて、このステータスが上がることで還元率も上がっていく仕組みです。同じ取引をした場合、ステータスが高い方がポイントがたくさん獲得できるので、効率よくポイントを貯めることができます。

「ブロンズ」ステータスの場合、5,000ポイント貯めるには1日9,000通貨分の取引が必要だと試算しましたが、ステータスが1つ上の「シルバー」の場合には、どの程度の取引が必要でしょうか。

「シルバー」では1万通貨の取引で新規・決済売買手数料に対するポイントが合計24ポイント付与されるので、同様の方法で試算すると、1日6,500通貨分(3,250を新規取引+決済)の取引でよい、ということがわかります。

「サービスステータス」が上がると、より早くポイントが貯まっていく仕組みになっているのです。

「トラリピマラソン」でコツコツ貯める

取引に連動して42.195kmのマラソンコースをトラリピ君が走り続ける、というユニークなサービスが「トラリピマラソン」です。ポジションを持ち越す、取引をする、入金をする、この3つの方法により、取引量に応じてトラリピ君が一定の距離を走ります。

月ごとに変わる「ゴール特典」や、取引を続けた日数に応じてM2Jポイントがもらえる「継続特典」、取引手数料が片道1銭に優遇される「手数料特典」など、長く続けるほどお得なうれしいサービスです。

1ステージが42.195km、これが全部で10ステージ。「手数料特典」を受けるのは10ステージ全てをクリアすることが条件で、かなりハードルが高くなっています。実際、10ステージをクリアするのにどれくらいかかるのでしょうか?

たとえば、100万通貨所有していて、毎日1万通貨の取引をして、年間100万円入金したと仮定すると、おおよそ7年かかる計算になります。長期的に運用をすればするほど高特典を得られるのは間違いありませんが、マラソンの途中でもらえる特典もきちんと用意されているのが「トラリピマラソン」です。

セミナーやイベント参加

マネースクエアジャパンは、FXの知識を深めたり最新情報を得るためのセミナーやイベントを随時開催しています。中には、参加するだけでポイントが貯まるお得なセミナーやイベントもあるそうなので、最新情報をチェックしておくのがおすすめです。FXを学びながらポイント獲得できるという一石二鳥を狙えます。

マネースクエアジャパンのセミナーやイベントをチェック 

マネースクウェアはキャンペーン連発!マメなイトチェックでいいことあるかも

マネースクエアジャパンでは、さまざまなキャンペーンも頻繁に行われています。「お友達紹介キャンペーン」では、紹介した方・された方ともにM2Jポイントが3,000ポイントも付与されたり、紹介された方にはステータスがジャンプアップ、紹介した方にもボーナスポイントがつくなど特典が満載です。

また、FXの運用に役立つ書籍やDVDがもらえる「運用情報アイテムプレゼントキャンペーン」、新しく運用を開始する人にアマゾンギフト券などがプレゼントされる「新規口座開設キャンペーン」など、お得なキャンペーンが随時登場するのでマメにチェックするのがおすすめです。

マネースクエアジャパンのキャンペーン情報をチェック

楽天ポイント付与・交換でさらにお得感アップ

口座新規開設でもらえるポイント

これから口座を開設しようと考えている人は、楽天ポイントがもらえるキャンペーンを利用しない手はありません。キャンペーン期間中に口座開設して、5万通貨の取引をすれば、楽天スーパーポイントが15,000ポイントももらえるというお得なキャンペーン楽天会員の人はもちろん、まだ会員でない人も是非活用したいところです。

ただし、ポイントが付与されるためにはいくつかの条件があるので、入念にチェックした上で申し込むことをおすすめします。

 

<楽天スーパーポイントが付与されるための条件>

キャンペーンから、「楽天スーパーポイント口座情報」を取得した上で申し込みをする

・口座開設申し込み時に、【お取引の動機】で「その他」を選択し、【詳細】欄に「楽天」と入力する

・口座開設後90日以内に、1回取引をする

※取引は5万通貨達成することが必要で、トラップトレード、リピートイフダン、トラップリピートイフダン、らくらくトラリピのいずれかの発注管理機能を使うこと

※南アフリカランド/円は10万通貨=1万通貨としてカウントする点に注意

・取引成立後は、楽天スーパーポイントが付与されるまで出金しない

M2Jポイントは楽天ポイントに交換可能

取引手数料に対して一定の還元率で付与されるのがM2Jポイント。楽天ユーザーにとって、このM2Jポイントが楽天ポイントに交換できるのは特に便利でうれしいサービスといえるのではないでしょうか。

M2Jポイント1,000ポイントで楽天スーパーポイント800円分に、M2Jポイント5,000ポイントで楽天スーパーポイント4,000円分に交換が可能。その他、amazonギフト券やJTB旅行券などにも交換できるのは注目です。

汎用性の高いこれらの買い物券に交換できるとなると、M2Jポイントによって、実は取引手数料の一部がキャッシュバックされていると考えてよいのかもしれません。

ポイントサイト比較

ポイントサイト経由で取引を始めるメリット

さまざまな切り口から、あらゆる方法でポイントを貯めて特典に交換できるポイントサイト。現金やマイルに交換可能なサイトも多いので、お小遣い稼ぎに利用するユーザーも多く人気を集めています。

中には、マネースクエアジャパンの口座を開設するとポイントがもらえるものもあるので、新たにFXを始めてみようと考えている人はポイントサイトの情報は要チェックです。

PONEY

こちらのサイトからマネースクエアジャパンの口座を新規開設し、一定の条件で取引が成立すると、今現在1,708,000ポイントが獲得できるようです。100ポイント1円で銀行口座への振込が可能なので、17,080円の現金を得ることができます。これは楽天スーパーポイントよりも高額なので注目度は高めです。

獲得条件は、口座開設後90日以内に50万円以上の入金、片道20万通貨以上の取引が完了していること。トラップトレード、リピートイフダン、トラップリピートイフダン、らくらくトラリピのいずれかの発注管理機能を使う必要があることと、南アフリカランド/円は10万通貨を1万通貨としてカウントする点が要注意なのは、楽天スーパーポイントの場合と同様です。

えんためネット

「えんためネット」でも、マネースクエアジャパン口座開設のポイント還元を行っています。キャッシュバックは16,200円。PONEYと同様、新規口座開設後90日以内に50万円以上の入金と、こちらは片道40万通貨以上の取引が必要となります。

げん玉

「げん玉」では、片道30万通貨以上の取引が条件となっていて、これは、ちょうど「PONEY」と「えんためネット」の中間に設定されているようです。その他の条件は全て同じで、獲得できるポイントは115,000ポイント。10ポイント1円で換金できるので、キャッシュバック額は11,500円となっています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

「取引手数料が高い」という評判が聞かれるトラリピですが、M2Jポイントは実質的に取引手数料のキャッシュバックと考えることができそうです。さらに、取引が増えれば増えるほど「ポイント付与」という形でコストダウンしている、と考えることもできます。

これからFXを始めようと考えている人は、新規口座開設向けのキャンペーンを積極的に活用しない手はありません。楽天やポイントサイトのキャンペーン内容を確認し、自分にとって最もお得と思えるものを選んで口座開設することをおすすめします。

また、マネースクエアジャパンでもポイントが貯まるキャンペーンが随時実施されているので、お得情報はマメにチェックすることも忘れない方がよさそうです。