FXツール・トラリピ応援ブログメディア

トラリピで利回り水準について考えてみる

スポンサーリンク
トラリピといえば、長期運用型FX。そのこと自体はよく耳にするけれど、実際どのくらいの年利が見込めるものなのでしょうか。実質年利について一般的なFXに対するイメージと比較しながら考えてみました。

FXで得られる利益とは

差額で得た利益が「為替差益」

「FXで儲ける」というと、まず「為替差益」を考える人が多いと思います。 為替相場は常に変動するので、円高になったり円安になったりしています。たとえば、米ドル/円の取引をするとき、米ドルを購入するときはできるだけ安く買い、売るときはできるだけ高く売ることで利益を得ることができます。この為替レートの差を利用した利益が「為替差益」と呼ばれるものです。 とは言え、「為替差益」を狙ったからと言って必ず利益が出るとはかぎりません。当然のことながら、相場が予想と反対方向に動いた場合は損失が発生します。「為替差益」を狙うときには、損失が出る可能性があることもよく理解しておく必要があります。

低金利の通貨で高金利の通貨を買った際その差額で得られる「スワップ金利差」

FXで利益を出す方法には、もう一つ、「スワップ金利差」があります。FXの運用経験がない人には意外と知られていないこともあるようです。 FXでは、通貨を交換すると、その通貨に付く金利も交換することになります。日本円のような低金利通貨を売って豪ドルのような高金利通貨を買う場合、その2国間の金利差が発生します。これが「スワップ金利差」です。 日本円は超低金利通貨なので、基本的にとの通貨を買っても「スワップ金利差」がプラスとなって利益が出ることがほとんどです。金額こそ小さいものですが、ポジションを保持している限り毎日受け取ることができるので、この「スワップ金利差」を狙ってFXを運用する投資家も多いようです。 ただし、「スワップ金利差」を狙えるのは、金利の高い通貨を「買い」の方向でポジションを持っている場合です。逆のポジションの場合、「スワップ金利差」はマイナスとなってしまうので、この場合には金利差分を「支払う」必要があるので注意が必要です。 ※スワップ金利についてはこちらもお読みください。 通貨量かスワップポイントか? 通貨ペアの選ぶ時に重視すべき点

どのくらいの年利が見込めるの?

派手な投資を煽るFX指南書も多い

FXは初心者にも簡単に利益を出せる投資のひとつと言われているせいか、世の中にさまざまな指南書が溢れています。さらに一獲千金のイメージも強いため、「FX歴浅くても億トレーダーに!」「数億稼げるFX手法」など、夢のような投資手法を綴ったブログや書籍もたくさん存在します。そのようなものは「少ない証拠金で大きなリターンを得られる」という点が強調していることもあり、年利50%や100%という派手な数字が目立ちます。仮に、そのようなとてつもない利益が得られるトレード手法があったとしても、毎年安定的に同じだけのハイリターンを維持、継続できるものでしょうか。 投資の世界では、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンが大前提であることを忘れてはいけません。

一方、トラリピの実質年利は目安として500円/日程度

実際のところ、トラリピを使ってトレードした場合年利は実質どの程度なのでしょうか? トラリピは言わずと知れた、コツコツ型の長期安定運用を目指しているシステム。ローリスク・ローリターンを基本に、強制ロスカットにならないようにだけ注意して、毎日地道に利益確定をしつつ「スワップ金利差」と合わせて小銭を稼いでいく手法です。強制ロスカットとならないよう安全な運用を考え、リスク管理をしっかりする前提で考えると、トラリピの実質利回りは10%程度が妥当だ、という意見が最も多いようです。 利益の目安としては1回の決済で数百円、1日に500円程度といったところが妥当です。これは「チャリンチャリン」とお小遣いを貯めていくようなイメージですね。

そんな年利じゃ物足りない!という投資家に物申したい!

トラリピが退屈に感じる?

安定的に安全に利益を積み重ねていくのがトラリピ。1日500円程度というわずかな利益を狙ってコツコツ稼ぐこのスタイル、中には物足りなさを感じてしまう人もいるようです。一獲千金のイメージが強いFXなので、「その程度しか稼げないの?」と思う人も少なくないのかもしれません。 しかし、数ある投資商品の中で、基本的に放ったらかしにしておいて年利10%を安定して稼ぐ商品はそうそうあるものではありません。トラリピを退屈に感じてしまうときには、再度「なぜトラリピなのか?」の基本に立ち返ってみるとよいかもしれません。

基本的に、ハイリターンを望めばハイリスクな投資になると肝に銘じる

トラリピは負けにくいシステムではありますが、リスク管理を適切に行っていなければ相場が急変したときに対応できず一気に負けるということもありえます。 トラリピの利益がそれほど派手ではないのには理由があります。トラリピで一獲千金を狙うことも不可能ではありませんが、基本的には大ききな利益前提ではなく、リスクを最小限に抑えることを推奨しています。ローリスク・ローリターンが基本のシステムなのです。 ハイリターンを望んで裁量トレードで大きく勝負に出た結果、巨額の損失を抱えた苦い経験のある人は、ローリターンではあるもののトラリピがいかに安全なシステムであるかよく理解できると言います。ハイリターンを望むならハイリスクな投資になるということを肝に銘じておく必要があります。 それに、勝負に出て仮に年利50%というすばらしい結果が出たとしても、それが長期的に継続すると思いますか?可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

欲ばらずコツコツと長く続けるメリット

メリット①複利運用だから資産が増える

ローリスク・ローリターンが基本のトラリピには、長く続けるからからこそ得られるメリットがあります。 その1つは、長期的に運用を続ければ複利運用の効果が効いてくることです。 複利運用とは、運用で得られた利益を再投資すること。再投資で得られた利益もまた投資に回す、という風に継続していくと、利益は雪だるま式に増えていきます。 はじめてしばらくの間は、投資資金が少ないため得られる利益も少ないのですが、そこはぐっと我慢です。継続的に投資を続けていれば運用資金も増えていき、複利運用を利用して資産を増やしていくことができるからです。 複利運用の方程式としてよく聞かれるのが「72の法則」です。これは「72÷利回り」で得られた答えが、「資産が2倍になるまでの年数」だと考える法則です。 トラリピの利回りを考えるときには、複利運用を前提に「72の法則」も考えつつ、5年、10年のスパンで利益を計算してみることをおすすめします。

メリット②損益分岐点が下がっていく

長く続けるからこそ得られるメリットの2つ目は、長期間運用することで資金が増えていけば、損益分岐点が下がっていくことです。投資資金が増えれば増えるほど、レートの動きがよくない方向に動いていてもトータルの収支はプラスに転じることが多くなります。 長期的に運用を続けることで口座残高が増えれば増えるほど損益分岐点が下がり、効率的な運用が可能となります。

年利10%程度を狙うのは実は妥当な水準

長く続けるためには、安全でローリスクな運用をするのが大前提です。トラリピの基本理念に忠実に安定感重視のトレード手法に徹すると、結局のところ年利は10%程度を狙っていくのが最も妥当な水準という結論に行き着きます。 年利10%を安定して稼げる金融商品はそうそうあるものではありません。それも、はじめに設定すればほぼ放ったらかしにしておける自動売買システムなのだからなおさらです。 マネーゲームを楽しむのではなく、安定した利益を追求していく姿勢が最も大切になってきます。

だから「勝つための努力」よりも「負けないための管理」が大切

だから「勝つための努力」よりも「負けないための管理」が大切 トラリピで年利10%程度を狙った安定した利益を追求するには、「勝つための努力」をしても意味がありません。リスク管理を徹底すると、トラリピでそれ以上大きく儲けること自体が難しいからです。 「勝つための努力」より「負けないための管理」が大切です。強制ロスカットにならないように余裕をもった安全な運用を考え、リスク管理をしっかりすることが何より重要です。 「トラリピは負けにくい」とよく言われますが、それは「負けないための管理」があってのこと。 毎日「チャリンチャリン」と小銭を積んでいく感覚で、地道に利益を積み上げる。これがトラリピの勝ちパターンです。 トラリピは、コツコツ利益を積み上げていく安全な長期運用を前提としています。 目先の利益に目が行きがちではありますが、利回りを求めすぎると本来トラリピがもつメリット、理念から離れ、リスクだけが高まってしまうことになります、 10%程度の利回りを妥当とし、長い目で「継続すること」を優先した運用を続けるのが最良のトラリピ活用術。そして結局のところ、それが資産を確実に着実に増やす近道だと思います。   こちらもお読みください

勝てないFXにサヨナラ!トラリピで大損しないための鉄則【負け組から勝ち組への転身術】