FXツール・トラリピ応援ブログメディア

トラップトレードとは?ゼロから始める自動ツールを使用した副業FX

スポンサーリンク

ここ数年、お小遣い稼ぎにFXを始めるサラリーマンが増えています。FXは株より手頃な資金で取引できるうえ、自動売買ツールを使えば24時間相場に張り付く必要もありません。とはいっても、自動売買ツールはFX会社によって使い勝手が異なり、勝率にも影響が…。

さまざまな自動売買ツールが出回っている中、連続発注機能は無理なく、効率的に運用できる点で人気です。特に初心者でも使いやすいシステムとして定評があるのは、マネースクウェア・ジャパンの「トラップトレード」。通称「トラリピ」と呼ばれる商品です。そこで、副業としてFXを行う場合の注意点から、自動売買ツールの特徴やトラリピを上手に運用するためのポイントをまとめました。

住民税は自分で納付!?副業が会社にバレないためには20万円の壁を越えない!

「FXで副業をしたいけど、会社にバレたら首になるから…」と躊躇している人も少なからずいるでしょう。サラリーマンの場合、副業の確定申告は20万円以下とされています。

つまり年間の利益が20万円以下であれば、確定申告の必要がないのです。ただし、住民税は20万円以下であっても、申告の義務があります。会社にバレないためには、確定申告書を提出する際、副業の収益に対する住民税に対し「自分で納付する」にチェックを入れることがポイントです。

スイングトレードとオートトレードの違いを知って、トラリピの強みを活かした取引を始めよう

「オートトレード」は別名「システムトレード」、通称「シストレ」とも呼ばれており、自動売買ツールを使用した取引を指します。

シストレはメタトレードやMT4(メタトレード4)など、純粋な自動売買システムとトラリピのような連続発注機能タイプの2種類に大別されます。短期で大きな収益を狙うというより、中長期でコツコツ利益を積み重ねるスタイルに適した手法です。

一方、「スイングトレード」は数日から数週間の期間で売買の決済を行う手法で、ファンダメンタル分析やテクニカル分析を指標にし、手動による裁量トレードをいいます。

そこで、オートトレードとスイングトレードの特徴と発注管理機能の違いについてまとめました。

オートトレードの種類と発注管理機能

純粋なオートトレードの特徴

○ メタトレードやMT4(メタトレード4)など、自分で戦略プログラムを選択して取引するため融通性が高い。

△ 選択するプログラムによって運用成績に違いが出やすい。

△ 売買プログラムの種類が多い分、選択方法や運用方法のスキルが十分でないとうまく運用するのが難しい。

△ 運用成績が悪い場合、他のシステムに変更したり、休止したりするなど、個人のスキルが問われる。

連続発注型の先駆者、トラリピの特徴

○ 相場を読み解く力がなくても、連続発注機能によって利益につながるチャンスを得られる。

○ 初心者でも手軽にFXを始められ、忙しいサラリーマンにも最適。

○ 連続発注型のシステムとして特許を取得しており、システム自体がシンプルで他の連続発注型よりわかりやすい。

○ 似たような他の連続発注型と比べて勝率が高め。

△ 裁量トレードに比べ、手数料、スプレッドなどのコストがかかる。

 

トラリピは通貨ペアの選び方も外せない!通貨ペアで運用実績にも差が出る

FXで副業を…という場合、トラリピは連続発注システムの中でも、とりわけ利便性の高いイフダン注文を活用したシステムです。

注文時に指値を複数設定しておき、相場を点ではなく、面としてとらえる手法であるため、FXを熟知していなくても手軽に利益を出すことが可能です。

しかし、それだけ便利なシステムであっても、選ぶ通貨ペアによって、また相場の動きやスワップポイントなども利益に影響が出るのは事実。

では、トラリピの運用で、どの通貨ペアを選ぶとよいのでしょうか? スワップポイントも考慮に入れ、通貨ペアの選び方やレンジ、ロスカットの注意点についても紹介します。

1 トラリピにおける通貨ペアの選び方

トラリピで運用できる通貨ペアは、全部で11種類。「たったこれだけ?」と思われるかもしれませんが、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨も扱っているため、トラリピの取引で不足に感じることはないでしょう。

通貨ペアの選び方のポイントは?

・レンジ形成をしやすく、値動きの大きい通貨を選ぶ⇒総推移が大きいほど売買チャンスも多い

・高値と安値の高低差が小さい通貨を選ぶ⇒含み損も小さくなり必要証拠金も抑えられる

・為替レートの低い通貨を選ぶ⇒必要な資金も少なくてすむ

・高金利通貨を選ぶ⇒長期運用ではスワップポイントで稼ぐことも視野に入れる

上の4点をすべてクリアできそうな通貨を調べると、2016年のデータでは豪ドル、NZドルの運用実績がよかったようです。この他、米ドルも安定性の高い人気通貨としておすすめです。

南ランド、トルコリラは高金利通貨として注目度は高いものの、ここ最近、レンジ形成が非常に少ないことも影響してか、利益の方は今ひとつといった感じです。

詳細は本サイト内でも紹介していますので、以下の記事をご参照ください。

トラリピを仕掛ける時の通貨ペアの戦略ポイント トラリピ虎.com

2 レンジ設定の仕方

トラリピで運用する通貨ペアを選んだ後、レンジ幅をどう設定するかが次の関門です。リスクを抑えるためには、できるだけ広めの設定がおすすめですが、細かい値動きを狙って収益につなげたいのであれば、レンジは狭めに設定した方がよいでしょう。そこで、レンジ幅のポイントをまとめました。

レンジ幅のポイントは?

・通貨ペアの年間、月間平均高低差以上のレンジをカバーできるようにする

・新たにトラリピを仕掛ける場合は、値動きに応じて少しずつレンジを広げる

ただ、実際の取引で、どのくらいのレンジでトラリピを仕掛けたらよいかは、過去の値動きも参考にしながら決めることです。

これに関する詳細は本サイト内でも紹介していますので、以下の記事をご参照ください。

レンジ幅の戦略ポイント トラリピ虎.com

3 ロスカットの防止策

トラリピの取引でもっとも注意したいのが、ロスカットにならないような設定とリスク管理です。

らくトラの試算表には、ロスカットラインが表示されますので、ここで確認しておくことも大事です。当然のことながら、余裕のある資金で運用することもロスカットの防止につながります。

資金的に余裕がないなら、無理な戦略は立てない、取引は控えめにすることがリスク対策につながります。

トラリピはチャートを視覚的にとらえて注文できる!

相場を読むのはプロでも至難の技。トラリピは相場を読めなくても、連続発注機能によって利益につながる取引が可能です。

なぜ、そうしたことが可能なのかといえば、注文の設定から資金管理まで、初心者でもわかりやすいシステムが導入されている点にあります。

本サイト内では具体的なノウハウをトラリピの動画の紹介とともに掲載しているので、口座開設前に以下のコンテンツをご参照ください。

トラリピ初心者に取引方法を紹介した動画を紹介  トラリピ虎.com

 

特にFXが初めてという方は、「らくらくトラリピ」、通称「らくトラ」で、トラリピのシステムを理解しながら取引するとわかりやすいでしょう。

らくトラの説明は、こちらをご覧ください。

らくらくトラリピ(らくトラ)   マネースクウェア・ジャパン

 

また、マネースクウェア・ジャパンのチャートはトラリピとも連動しており、レートパネルを表示して、視覚的に相場をとらえて発注できる点も魅力です。らくトラを使いこなせるようになったら、こちらのツールで効率よく取引するようにしたいものです

M2Jの取引ツール マネースクウェア・ジャパン