FXツール・トラリピ応援ブログメディア

「無料トラリピ」に注意!MT4でトラリピEAを使う前に知っておきたいこと

スポンサーリンク

マネースクウェアは手数料が高いからと安易にトラリピEAというMT4向けプログラムに手を出してしまう人が少なくないようです。確かに無料でトラリピのような取引ができることもあるようですが、おいしい話だけではありません。

MT4(メタトレーダー4)とは?

MT4とは?

MT4とはメタトレーダー4と呼ばれ、ロシアのMetaQuote社が開発したFXのチャートソフトです。

無料で使えて高性能とあって世界中のトレーダーに愛用されており、世界で一番取引されているチャートソフトです。

はじめから備わっている多くのインジゲーター以外に自分で追加することも可能なので、世界中のクリエーターが作り出したインジゲーターもダウンロードして使うことができます。さらにはEAというソフトをセットすることで自動売買トレードが可能となります。

その上汎用性も高く、MT4対応の証券会社であれば証券会社が変わってもそのまま使える点も、投資家にとって大きな魅力といえるでしょう。

使用するには、24時間稼働させるPC環境とMT4対応のFX会社があれば誰でも使うことができます。しかし興味がある人が多くいる一方で、「難しそう」「敷居が高い」というイメージも強いのが実情のようです。

EAという自動売買プログラム

EAとはエキスパートアドバイザーの略で、MT4上で起動させて使用できる自動売買プログラムのことです。

EAのプログラムは自分で作ることもできます。自分で考案した売買ロジックをEAに組み込めば、オリジナルの自動売買プログラムを使ってのトレードが可能となるのです。

また、インターネット上には世界中のトレーダーが作り出し結果を出してきたEAが多数紹介されていますが、これこそまさにEAの魅力と言えます。他の人の手による優れたEAを有料または無料でダウンロードすれば、自動売買トレードが簡単にすぐに始められのです。

とはいえ、世界中のトレーダーが作っている数多くのオリジナルテクニカル指標やEAの中から、自分に合ったものを探し出すのは至難の業といえるでしょう。

有償のEAを購入する際にはもちろんのこと、無償サイトからダウンロードする場合にも注意すべきポイントは、過去の検証データを安易に信用しないということです。

一見するとどれも右肩上がりで儲かっているように書かれていますが、これは、MT4の機能を使って過去データを元に検証した結果という運用成績にすぎません。すでにあるデータを使ってEAを最適化しただけの可能性もあります。

バックデータはあくまでも過去のデータです。参考程度にとどめるべきであり、それだけを信用して選ぶのは要注意です。

手動トラリピとは違うの?

このようにトラリピのような自動の売買プログラムを作り、MT4対応のFX会社を好きに選んでトラリピのようななトレードができるのがEAです。

他方、「手動トラリピ」については、好きなFX会社を使ってトレードできる点では同じですが、あくまでも手動であり、自動ではない点が決定的な違い。つまり「手動トラリピ」は一つ一つのイフダン注文を手作業で入力し、決済されると再び手動で注文を入れる手法です。決済されるたび再注文を繰り返す必要があるため相当な手間がかかります。また、睡眠中、仕事中などに相場が動いてしまうと、利益を取りこぼしてしまうおそれがあります。

 

取り扱い業者を比較

海外では多くのFX会社で対応しているMT4ですが、日本国内では数社に限られています。通貨ペアやスプレッドなどの条件面で違いがあるので、どの会社を利用するかは重要なポイントになります。

OANDA JAPAN

業界最狭水準の低スプレッド。スキャルピングの強いとの評価があります。また、約定拒否なし、再クオートなしなど、執行スピードの早さと約定力の強さにも定評があります。

外為ファイネスト MT4 ZERO

こちらも業界最狭水準の低スプレッドです。MT4サーバーを国内に設置し、発注から約定まで一切人手を介さない方式を採用したことによりスピードを極めたMT4環境を提供しています。

FOREX.com

顧客満足No.1を謳っており、長期ユーザーも多い老舗的存在。トラリピなどスプレッドの影響を受けにくいものに強く、マニュアルの提供やMT4セミナーを開催するなど充実したサポート体制も特徴です。

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

ユーザーの要望を受けて改善することでより使いやすい運用環境を提供しています。初心者から上級者までの幅広いユーザーに対する豊富な情報と充実のサポートが魅力です

楽天MT4

大手ネット証券で唯一MT4に対応しています。すでに楽天証券に口座を持っている人は手軽に口座開設できる点が魅力です。取引サーバーは国内設置、安心して取引できる環境です。

 

※こちらもお読みください

トラリピ型の自動発注を海外FXでも運用できる!? FXの海外口座は危険がいっぱい!!

 

トラリピEAを検証

トラリピEAのメリット

トラリピEAのメリットは、トレーダーが常日頃感じる「こういう機能があったらいいのに」という要望や、自分オリジナルの戦略を念頭にプログラムを作ることが可能な点です。

たとえば、以下のような細かい要望を実際にEAの機能に組み込むことができます。

・逆指値注文機能

・「急落相場ではエントリーをスキップする」トレンドフィルター機能

・「レートの上昇幅、または下落幅に合わせて、逆指値注文のレート水準をリアルタイムで自動修正する」トレーリングストップ機能

※トレーリングストップの発動値(何pips上昇/下降後に発動)とトレーリングストップ値(ストップロスが追随する値)を別々に設定可能

・「指定した距離相当だけ、現在値から注文に距離をおく」ガード機能

※ガード機能によって無駄なポジションの取得を抑え、含み損を減らすことができる

この他、トラップ設定を細かくしたいとき、トラップの指定を具体的に「〇〇円~△△円までトラップ幅□□円としたい」などという要望もプログラムに反映することも可能です。

その他大きなメリットは手数料が無料なこと、通貨ペアが多いことでしょう。そして本家トラリピを運用しながら、逆指値や両建て、トレールなど、もっとカスタマイズしたいと思う人にはトラリピEAはよいツールと言えるのかもしれません。

トラリピEAのデメリット

一方、デメリットのひとつとして、PCを24時間稼働させなければならない点です。

MT4を動かして自動売買トレードをするには、VPSなどのレンタルサーバーを借りるか、家庭用PCを24時間つけっぱなしにしておかなければなりません。自宅のPCを24時間安定して稼働させるのは現実的にはなかなか難しく、当然電気代もかかります。レンタルサーバーを借りるのがおすすめですが、毎月3,000円程度の運用費用が発生することになります。さらにプログラムの知識を持つことが前提となります。

トラリピEA、減少の傾向はなぜ?

日本で自動売買EAを販売している有名なインターネットサイトとして、「FX-ON」があります。

「FX-ON」では個人が作成したEAを成績も加えたかたちで販売されています。当然ながら数多のトラリピEAも販売されていました。

しかし2013年頃、その「FX-ON」からトラリピEAが急に姿を消していきました。

トラップリピートイフダン注文の手法は、トラリピを運営するマネースクエアジャパンが特許取得しているものです。トラリピEAが突如姿を消した理由は、特許権を主張する第三者より売買ロジックの類似性について指摘があったからとのことです。

その後も、はっきりトラリピとは謡っていませんが、トラリピ同様のトレードができる類似トラリピEAも販売されているようです。上記の経緯から、利用には慎重になった方がよさそうです。

 

手数料ゼロが最大の魅力のEA。

コストを考えEAに飛びついてしまうのもわからないではありませんが、とくにFX初心者を自任する人、慎重に運用をしていきたい人は、安易に手を伸ばさない方が無難といえると思います。